Sweets rhapsody

イチャラブエロゲーを愛する人の雑記

真打、満を持して登場―――

フロントウイングのろけらぶ三部作のラストを飾る、「ろけらぶ 神社×先輩」のキービジュアルが公開されました。
今作のヒロインは主人公の幼馴染の先輩「紫月八千代」です。
破局のご利益の影響で多忙となった八千代の神社に居候し手伝いをすることになった主人公。
行動を共にするうちに昔と違う彼女の姿に気づきます。しかしある夜に八千夜は普段と違う雰囲気で主人公のことを覗き込んできていて・・・
というのがあらすじです。

イチャラブの名手である保住先生が本領を発揮するのはやはり企画から全て組んだ時。
過去2作でもロープライスとは思えないイチャラブ濃度を見せつけました。
1作目である同棲×後輩では終盤のシリアスに賛否両論はあれどもイチャラブに関しては文句なしの出来と言えました。2作目の電車×同級生ではノーシリアスでHシーンがアブノーマル寄りという新しいカタチのイチャラブを切り開く形でした。
満を持しての3作目、今作ではどのようなイチャラブを見せてくれるのか?
期待が高まります。

『ろけらぶ 神社×先輩』2020年9月25日発売予定

簡単な感想だけどご容赦ください。続きを読む

今年20周年を迎えるHOOKSOFTの新作「放課後シンデレラ」が発表されました。

毎回特徴的な切り口で純愛を追求するHOOKSOFTの今回のこだわりポイントは「下校」
下校という学校生活とはまた違う切り離された空間、ヒロインが見せる普段と違った顔や新たな出会い、そこから進展する二人の仲…というのを表現することに力を入れているようです。

ここで思い出すのはHOOKSOFTの過去作である「MeltyMoment」のことです。
「MeltyMoment」では下校時間を選べて時間帯により出現するヒロインが違うというシステムがありました。今作はこの下校時にイベントを起こすというシステムを継承しつつ、自分でルートを構築するという要素を加えることで焼き直しではない新しい演出として再登場させることに成功しています。
一風変わったシステムを取り入れるのはHOOKSOFTの伝統であり強みだと思うのでこれからも続けてほしいところです。

「HoneyComing」以来当ブランドが掲げるテーマ「純愛はHOOKが完成させる」
一時期は揶揄されたこともあるテーマであるが、近年は的確にユーザの需要を捉えた作品作りをしていて、本当に純愛を完成しにかかっているのではないかという雰囲気を感じられます。

前作「どっちのiが好きですか?」も非常に評価が高く、今作にも期待が持てるのではないでしょうか。


『放課後シンデレラ』を応援しています!

↑このページのトップヘ