Sweets rhapsody

イチャラブエロゲーを愛する人の雑記

あざらしそふと×早瀬ゆう先生のタッグという期待の作品「アマナツ」の体験版が出ていたので
遅ればせながらプレイしました。

新作情報記事はこちら

感想として、「早瀬先生シナリオだ」ってのがすぐ分かる作品ですね。
どこかふざけているけど真面目な主人公、クセの強い友人キャラとの掛け合い
過去にSMEE作品をプレイしてきた方ならば、馴染みあるものだと思います。
早瀬先生以外もシナリオを書かれるようになった、今のSMEEも似たような系統ですが
早瀬先生にしか出せない雰囲気というのはあると思います。

雰囲気的には「フレラバ」「カノジョ*ステップ」に近い作風だと感じました。
過去にSMEE作品を好んでプレイされた方ならば、好みに刺さる可能性が高いです。

ディレクションをしている天海向日葵氏も、過去に「アイカギ」「アイベヤ」シリーズのディレクションをしている方なので実績としては申し分ないでしょう。

体験版範囲では、十分に期待が持てる作品であると思います。

公式サイトはこちら ↓↓↓
アマナツ

HOOKSOFTの新作は、2020年に好評だった放課後シンデレラのコンセプトを引き継ぐ作品となっています。

前作の新作紹介記事→こちら
前作の感想記事(ネタバレ注意)こちら

コンセプトを共有する作品なので当たり前ですが、「下校」がテーマになっている作品であり、基本システムは前作と同様となっているようです。お馴染みのシステム「ガーリートーキング」が「下校システム」の次に推されてることから、ヒロイン視点の描写にも注目したい所。
シーン時の衣服の有無についても、前作同様選択可能とのことです。

また、体験版が出ていないので確定ではありませんが、CGやら制服を見る限り前作とは違う学園であると推測されます。なので下校風景にも違いが生まれてくることでしょう。

ヒロインの構成についても、上級生1人・同級生2人・下級生1人・他の学園の生徒1人という構成も同じです。学園エロゲーのヒロイン構成として鉄板だと思います。前作違うところを挙げるとすれば、幼馴染キャラが不在なところですね。HOOKSOFTの幼馴染キャラは"強い"ので少し残念ですが、それを上回るヒロイン力に期待したいところです。

シナリオライターについては、此ノ花しな先生が前作より続投。加えて浅黄アキ先生とモーリー先生の3人体制です。浅黄アキ先生については、前作のファンディスクのメインシナリオを担当されています。モーリー先生は昔からのHOOKSOFTユーザーならばおなじみの方かもしれません、最近だと「Sugar*Style」とか「Making*Loves」のライターとして参加しています。


前作は自分がHOOKSOFT史上最高だと感じたレベルに良い作品だったので
コンセプトを維持していれば良作になると思います。

放課後シンデレラ2は2022年9月30日発売予定です。
HOOKSOFTですので、延期については心配不要です。

公式サイトはこちら ↓↓↓
放課後シンデレラ2

※この先新作エロゲのネタバレがありますのでご注意ください。続きを読む

↑このページのトップヘ